IAEP情報受信会員募集
「地震は予知できない」と公の場では言われております。それは予知研究が学術的に論証検証されていないからです。現時点では地震の予兆現象は電磁波現象として据えられております。そのデータを解析検討することで、地震の発生を予測することができます。
もちろん、地震の三要素:いつ、どこで、どのような規模の地震が発生するかと言うことについて、予測の正確性は100%ではありません。まだまだ研究開発途上です。しかし地震は待ってくれません。
政府の地震調査委員会が発表している「全国地震予測=30年以内に震度6以上の地震が発生する確率」これは厳然たる事実です。そして電磁気現象は観測でき、地震予兆現象として発生前に予測判断できるようになってきているのも事実なのです。

★2017年7月より、英語での配信を承っております(ご希望の方のみ)
英語での配信をご希望の方は、会員お申し込みの際、備考欄に英語での配信を希望の旨、ご入力ください。
>>メール受信会員へのお申込みはこちら


中波帯電磁波ノイズ観測の地震予兆観測情報
くるぞーくんイメージ中波帯電磁波ノイズ検出観測点システム
“くるぞーくん”
NPO法人国際地震予知研究会は、中波帯電磁波ノイズ観測システムを開発、全国に観測点を設置して24時間観測、データを観察・解析検討をし、その結論を地震予測情報として会員の方々に発信しています。
地震の前にはテレビ、ラジオに雑音が入ったり、電波時計がくるったなどの現象が報告されており、これらは電磁波による異常現象です。
電磁波ノイズを24時間連続して観測していると、異常に大量な電磁波ノイズが検出されることがあります。これが地震の予兆現象であると考え予知研究を行っています。




イメージ イメージ イメージ

会費について
個人会員会費 2014年11月1日現在
メール・FAX
1アドレスにつき3,240円
文字・地図・リアルタイムデータ

法人会員会費
小規模(20名まで)
1アドレスにつき5,670円
-
中規模(20〜200名)
社員数×250円(消費税別)
社内転送可(消費税別)
大規模(200名以上)
社員数×250〜10円(消費税別)
社内転送可(消費税別)
追加
メール・FAX
1アドレス 5,250円
2014年4月1日より:1アドレス5,670円
文字・地図・リアルタイムデータ
※価格は現在の消費税(8%)を加算した金額です。
消費税の変動に伴い、料金も随時変わって参りますので何卒ご了承ください。

会員お申込み
個人会員 お申し込み 法人会員 お申し込み


▲ページTOPへ戻る


NPO法人 IAEP国際地震予知研究会 株式会社麒麟地震研究所